クラフトマンの私事

1.5流の考える就職・転職・恋愛のこと

初めて転職活動をする際にお勧めする「転職サイト/転職エージェント」8選

f:id:craftmaaaaaan:20171206140128j:plain

 

転職相談を受けていると「自分はどういうことがやりたいのか」という相談と共に

 

「転職サイトやエージェント色々ありすぎてどこ使えばいいんですか…」
「何を基準にして、どこで、誰と進めたらいいんですかね…」

 

っていう転職エージェントに関する相談もよく聞く。転職エージェントって最近は物凄く多くて悩むのは当たり前だと思うのだけど、正直なところ「転職エージェントと自分の相性がいい」人と一緒に進めるのが一番だったりする。

 

てなわけで、今回は掲題のとおり、初めて転職活動をする際に利用すべき転職サービス/エージェントを紹介してみようかなと。あくまで個人の感覚なので参考程度に受け取ってほしいけども、気になったら是非登録して、エージェントに会ってみるのもいいと思うよ。

 

ちなみにクラフトマンも過去下記のサイトを駆使していいエージェントに出会い、転職をしてきた。コンサルへのキャリアチェンジもできたし、給料を上げるのもガシガシ行なえたので是非ご参考になればと思う。

 

■目次

 

 

その①:一番最初に登録すべき2つの転職サービス/エージェント

 

転職を始める前に、とりあえずこの「リクナビ」「マイナビ」のサイト/エージェントは登録しておくといい。目的は自分が希望とするような仕事を見極めるために「求人をとりあえず見て回る」こと。

 

上記のサイトを登録して、エージェントと面談したりすると、興味があるなしに関わらず「こんな求人がありますけどいかがですか?どうですか?」とそれこそ大量に案件が送られてくる。そうすると、なんとなくだけど「自分の希望する求人」「よさそうな求人」というものが見極められるんよね。

 

だからこそ、最初はこの2つのサイトを登録してみるとよい。最初は案件が来すぎたりして困惑するかもだけど、「求人情報をとりあえず見て回る」という目的であればよいと思うよ。

 

 

その②:ファンド・コンサルを受けたい人

 

■ジェイエイシーリクルートメント(JAC recruitment) 

 

電車内で最近よく見かけるJACだけど、個人的にはここはすごくおすすめ。

 

クラフトマンが評価しているポイントは「個人のエージェントの能力の高さ」。他のエージェントも使っているけど、ある程度見極める力があれば、ネットワークもコネも強いエージェントにあたる可能性が高い

 

過去にJACを使って僕もコンサル転職をしたのだけど、担当してくれたエージェントがすごくいい人で、非常に強力なコネクションを持っていたんだよね。で、自分のスキルでは少し要件が厳しい案件だったんだけど、書類選考から優遇してもらい、無事内定。

 

で、それだけでも満足していたんだけど、「ここからは僕の仕事です」と担架をきって、交渉かけてくれて、給料も当時のベースの1.5倍ぐらいまで引き上げてもらったことがある。もう本当に感謝しかない、ってわけで1番目におすすめしておきます。

 

 

■パソナキャリア(PASONA Carrer)

 

 

パソナキャリアも一定の評価をしてる。いいところは「とにかく求人案件を出してくれる」ところ。これは他のエージェントの比にならないぐらいの圧倒的な検索力。個人的に「検索マシーン」って愛称で呼んでるけど、間違いないと思う。

 

コンサル、ファンドの求人はとりあえず生きているものであれば全部だしてくれるし、応募者に内定する可能性がありそうでもなさそうでもとりあえず「エージェントを介して応募」してくれるっていうところが良い。

 

実はこの応募してくれるっていうのが重要で、他のエージェントだと「エージェント自身の評価が下がる」と言って、応募すらしてくれないことが多いんだよね。だからこそ、他から断られてもパソナを経由すれば、面談まで進めることもある。

 

ただ、総合力で戦っているのか、個々の担当者のレベルはJACに比べると劣るように見えるかな。ただ、使わないっていう選択肢はなくて、僕はいつも相談だけはしてます。

 

 

---- 

ちなみに、その他にも外資系コンサルやファンドをうけるなら、「コンコード」「キャリアインキュベーション」「ムービン」なんかもあるんだけど、ここの人達は基本エクゼクティブ層向けの求人に特化してるから初めてやる場合にはおすすめしない。

 

元々コンサルの人たちがやってたりするから、それ相応のキャリアがある人ならいいんだけど、それ以外の人からは「凄くお高くとまってた」「何言ってるのかわからなかった」ってクレームきたこともあるからさ。ネットワークはとても強いんだけどね…

 ---- 

 

その③:IT関連企業を受けようと思ってる人

 

■ギークリー(Geekly)

  

前職がIT系だったので、こちらのサイトも活用して転職活動を行ったことがあるんだけど、ここもおすすめ。理由はバナーにも記載がある通り、「IT・ウェブ・ゲーム業界へのコネクションが異常に強い」こと

 

ここで出てくる案件は本当にIT・ウェブ・ゲーム業界に強くて、しかもそこにしかないような案件をひねり出してきてくれる。過去に受けたときは独自案件として、ゲーム制作会社のベンチャー企業の営業部長案件とか出してくれてたね。笑

 

しかも、その業界のことをよく知っているからか、エージェントがべらぼうに交渉してくれて、役職や給料などもものすごく調整してくれた。最後の最後でコンサルにいくことに決めてその求人にはいかなかったんだけど、いまでも転職情報を得る時はここのエージェントにはひと声かけるようにしてる。

 

もしインターネット系企業を受けるのであれば、ここを使うのはありだと思う。

 

 

■ワークポート(Workport)

 

 

Geeklyと同様にワークポートも活用した。こちらも「IT・ウェブ・ゲーム業界」の求人に強い。何より、担当者が「とっても親身」になってくれる。

 

案件自体は独自求人もありつつ、普通の求人がメインなんだけど、「なんとかいい転職をしてもらおう。頑張ってもらおう」という文化なのか、とにかく時間を使ってくれる。対策なんかも結構「こういう準備を怠らないでください」と凄い親切だった。

 

交渉力はほどほどなんだけども、それでも「最初の転職で不安だ…」って人で、もし誰かと一緒に二人三脚でやりたい、親身になってくれて、本当にやさしいエージェントを選びたいならここに一度行ってみるといいよ。

 

 

その④:元々エンジニア能力のある人

 

 

 

フリーでやれるエンジニア能力のある人は「geechs」「Midworks」をおすすめしてる。これは僕が元々IT系であり、少しだけエンジニアの能力があったりするからで、大半の人には当てはまらないかもしれないけど、同じように悩んでいる人に向けて。笑

 

フリーのエンジニアっていうのは大概報われなくってさ、やりたいことがあってそういう環境に飛び込んでも「要件定義が曖昧過ぎてついていけない」「色々教えてくれない」そして「給料が報われない」ってのが多いのよね。

 

上記のサイトは僕も使っていたんだけど、そういう報われない環境をよく理解したうえで交渉をかけてくれる。給料に関してはもちろん、人によっては「管理職になりたくない」「リードにならないで自由にやりたい」という人もいると思うけど、そういうところもきちんとくみ取ってくれる。

 

なにより「フリーのエンジニアでも報われるんだねえ」としみじみ感じさせてくれて、自分に自信がつくのもよい。同じように悩んでいる人は是非。

 

 

最後に:個人のエージェントには気を付けよう

 

個人的に転職活動をする場合ってかなりのエージェントに会うんだけど、その際に気をつけないといけないのが個人エージェント。特に初めての転職を行う場合は、個人エージェントを見極める力がないので、本当に気を付けてほしい。

 

上記に紹介した転職サイト/転職エージェントは優良職業紹介の許認可を受けており、最後まで(内定した後も適宜)サポートしてくれたりすることもあるんだけど、個人のエージェントはその許認可を持っていることもなく、暗躍している場合も多い

 

求人情報と最後に提示された条件が全く異なるぐらいならいいんだけど、すっごく相性がいい内定先に出会えたのにエージェントのせいでおじゃんになるってパターンすらある。それぐらいピンキリまでいるのが個人エージェントの世界なんだよね。

 

もちろん優秀な人も間違いなくいるので、個人エージェントを利用する場合は本当に信用できるのかどうかをきちんと見極めてから使うようにしてみてね。

 

クラフトマン

 

(もし悩んだら、Twitter経由してクラフトマンまで連絡をください。状況に応じてですが、お手伝いできることもあるかもしれません。)

 

<転職サイト:PR>

 もし悩んだらまずは行動!市場価値を測るためにも、転職エージェントに登録してみるのも良いかと思います