クラフトマンの私事

1.5流の考える就職・転職・恋愛のこと

1週間の始まりは日曜日の夜に設定するといいよ、というお話

f:id:craftmaaaaaan:20171126143829j:plain

 

 

「あー、日曜日の夜だよ。明日からの月曜日が憂鬱だわ…」

 

って思う人、いませんか。いや、すいません僕です。笑


社会人になってからしばらくの間、日曜日の夜をすごすときはずーっとは憂鬱で「こんなんだったら休みなんかなきゃいいや」と思っていたわけなんですけど、日曜日夜を1週間の始まりにしたら精神的にすっごく楽になったんですよね。不思議なことに。

 

で、気付いて以来ずっと日曜日の夜を1週間の始まりと捉えて動くようにしているんですが、今回はそれについて書いてみようかなと思いまして。

日曜の夜で憂鬱な気分を過ごしそうな就活生とか社会人の方はちょっと読んでみてください。個人的な感覚もありますので、あくまでご参考までにどうぞ。

 

■目次

 

なんでマンデーブルーになるのか

 

属に日曜日の夜の憂鬱な気分はマンデーブルーと呼ばれるわけなんですが、これは「土~日のプライベートなとても楽しい時間が終わった」からではなく「先週の仕事のやり残しに対する不安」に起因しているんですよ。

 

社会人になれば金曜日の夜などは予定が入りやすいので、大なり小なり仕事のやり残しはあると思うんです。それは期限が決まってないものもあれば、実は先週やらないといけなかったけどちょっと忘れちゃってた、というものまで様々あるでしょうね。

 

それが土日の間遊んでいる間は頭の奥底で眠ってくれているのですが、本人は忘れたわけではないのでちょうど日曜日の夜辺りになると「ふわっ」と浮かびあがって苦悩させるわけです。それで日曜日の夜に「ああ、どうしよう…」と苦悩するわけです。

 

 


日曜日の夜にやるべきこと

 

じゃ、日曜日の夜に何をするかというと以下の①~③を実施してみてくださいな。
(もちろん各々の時間の余裕に合わせて、ですが。笑)

 

■やるべきこと
①今週1週間のタスクを洗い出して可視化して流れを想像する
②10分以内で出来るタスクを「出来る範囲で」終わらせる
③時間がかかりそうなタスクの準備を「軽く」する


要は「仕事の内容を可視化」し「ほんの少しだけ仕事をする」ということです。


結局のところなんですが、各仕事の労働工数が見えていないので変な不安がむやみに増大しているのが日曜日の夜ってやつなんですよ。それを解決してしまえばいいんです。

ちなみにここのポイントは「出来る範囲で」「軽く」やるということです。せっかくの休日にあんまり負荷をかけて労働したらものもこうもないです。最大でも1時間と区切ってやってみてください。

 


実施することの効能

 

すっごくすやすや眠れます。そして朝、すがすがしく起きられます。

 

上記に記載した通り、不安が精神を蝕んでいるのが日曜日の夜というやつなんですな。明日以降に向けての準備をしてあげて、その不安を取り除いてあげるだけですっごく楽になります。いやこれマジでね。


日曜日の夜に、仕事の不安なく、すっきりした状態ですやすや眠れるって本当に精神的にいいですよ。一度試してみてください。

 


1時間だけ働いて、残りの日曜の時間を清々しく過ごそう

 

「えー、結局働くのかよ」と思うかもしれませんが、

・1時間働いて残りの朝までの8時間を清々しく過ごす
・残りの朝までの9時間を鬱々として過ごす


だったら前者のほうがいいと思いませんか。鬱々として過ごす時間というのは精神的にもよくなくて、かつ結局youtubeみたりして無駄な時間を使いがちです。だったら1時間だけ踏ん張って、残りを有意義な時間にする方がお得ってものです。

 

日々の生活の充実はこういう改善を繰り返すことで手に入れられたりしますよ。
一緒に頑張りましょう。

 

クラフトマン

 

<応援していただければ嬉しいです>

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

 

<PR:転職サイト>

 もし悩んだらまずは行動!市場価値を測るためにも、転職エージェントに登録してみるのも良いかと思います